雨の自転車道も楽し

自転車に限らず、アウトドアスポーツにとって雨は憂鬱なもの。。。でも準備さえきっちりして走れば心の余裕ができて、晴れの日には無い、雨の自転車道の幻想的な顔に出会えて楽しいものです。

ここでは雨の日でも快適に走るために、私が使っているグッツをご紹介っ。

レインウエア

パールイズミ レーシングレインジャケット

軽登山をやっていた流れで、昔はゴアテックス製の登山用レインウエアを利用していました。今はパールイズミのレーシングレインジャケットを愛用。

こいつは非常にコンパクトに畳め、ボトルケージ(ボトルを入れるホルダー)に収納可能。素材がゴアテックスでないし、何かコンビニで売ってるビニール製のレインウエアのような薄さに最初は不安でしたが、十分機能してくれます。

夏でも峠で降られると凍えることがありますので、必ず携帯。

「冬場」のレインウエア

パールイズミ クリアーレインジャケット

数年前からは夏だけでなく、冬の寒い雨の中でも走るようになり (まわりからは変人扱いデス (^^; ) 。

最初は上述のレーシングレインジャケットを冬でも使っていたのですが、透湿性素材はどうしても長時間の雨によりしみ込みが出て、中のウエアが濡れてしまい。。。気温が落ちてくる夕方以降はかなりツライです。

そこで試しに購入してみたのがパールイズミのクリアーレインジャケット。素材は立飲み屋や屋台で防寒&雨よけで使われているようなビニール製。ゴアゴアして着心地は良くないです。

しかし、冬の雨では蒸れより防水優先。ゴアゴアだけど、厚手のビニール素材がしっかり防水してくれます。

冬でも汗をグダグダにかくようなトレーニングをする方にはちょっと。。。ですが、平地で流し運転する方にはおすすめ。

ただし、乱暴に扱うと破れますのでご注意をっ。

レインパンツ

モンベル ストームニッカ

レインパンツも昔は登山用を利用していましたが、自転車用のハーフパンツ(モンベル ストームニッカ)が出たので、早速購入(個人的にはよーやくハーフパンツ型のレインパンツが出たか。。という感じ)。

ゴアテックスだけあって値段は結構なものでしたが、雨の時はこれがあると心強いです。ただ、夏場は日帰りならば、レインウエアがあれば下は濡れても寒くは無いかな、という感じです。

「冬場」のレインパンツ

パールイズミ レインパンツ

上述のストームニッカはハーフパンツ。。。さすがに冬場の雨では寒くて耐えられません。そこで購入したのがパールイズミのレインパンツ

はき心地は良く、しみ込みもほとんどありません。また、裾をベシクロテープで止められるので、登山用レインパンツのように巻き込みもなくて快適デス。

泥除け

泥よけ

雨天時はもちろん、晴れていても自転車道は水溜り。。。という時にもありがたいグッツ。特にリア(後ろ)の泥除けはあると無いとではその差は歴然です。

物としてはママチャリのような泥よけでなくて、工具不要で着脱可能なプラスチック製がおすすめ。

自転車道は公道より砂や泥のはねが多くドロドロになりますので、「危ないかな?」と思ったらつけていきましょう。

防水バッグ

オルトリーブ メッセンジャーバッグ

泊まりながらのロングツーリングでは避けられない雨。このホームページで紹介している「北海道ツーリング」でも、一日中降られながらやっとこさ目的地まで。。。ということもありました(今となっては良い思い出デス (^-^) )。

このツーリングで大活躍した防水素材を使うメッセンジャーバックTimbuk2や、防水バックを多く出すオルトリーブ製品(個人的には「小物」のページで紹介しているFIRST AID KITを愛用)は、ツーリングに限らず雨天時に心強いグッツ。しかし、その性能はというと。。。実は一日中雨に打たれると結構水が浸透してきちゃうのデス。

北海道ツーリングでは「防水バックだし。。」ということで安心していたのですが、雨天後の宿で中を開けてみると、水がしみ込んで中の物が多少ですが濡れていました(衣類はスタッフバックに入れていたので何とか無事でしたが)。

FIRST AID KITも一日雨の中だとやっぱり「しっとり感」が出ます。そーいえば、オルトリーブのバックを背負う街中のメッセンジャーも、雨の日は荷物をビニール袋に包んでいますよね。

もちろん他のバックより防水性ははるかに高い訳ですが、性能の限界を踏まえて使う必要ありデス。

ジップロック

携帯電話など濡らしたくないものを入れるのに便利。

絶対濡れないかと言うと。。。一日中雨の中を走った後だと、微妙に「濡れ感」があります(でも、それで携帯が壊れたことは無し)。