いろいろな小物たち

自転車や着るものと同様に、小物もいろいろと考えさせられます。いきなり全てを揃えなくても、必要なものを必要と感じたときに揃えていけば。。。あっ、ライトは必ず付けましょう。

ここでもご参考までに、私の小物をご紹介っ。

スポーツグラス

風を切って走るので、風の巻き込みが少ないスポーツグラスを愛用。私の場合、これが無いと目が充血してしまいますので必須アイテムです。

さらに、近眼のため、クリップ式の近眼レンズを装着できるタイプのスポーツグラスをチョイスしています。

グローブ

サイクリンググローブ

MTBに乗ってた頃は使っていなかったのですが、ロードレーサーではハンドルへの加重も大きいので必ずつけています。

手の平の素材のクッション性が良いものが好まれる傾向がありますが、個人的には薄手でハンドルへのフィット感が良いものが好きです。

また、手の甲は日焼けしますので、全体的に手を覆うデザインのものがオススメ。夏場になると、日焼けを通り越して火傷になることもありますので注意が必要です。

フロント&テールライト

キャッツアイ TL-LD150

必ずつけておきたいライト。私の選択のポイントは次の通り。これだけの機能を全てクリアするライトは無いのですが。。。

  • 工具を使わず着脱可能(最近のライトのほとんどはこのタイプ)
  • コンビニでも売っている普通の電池(単三とか単四)を使うタイプ(特殊な電池だと取り替えるのが億劫になる)
  • 防水機能がある(雨でも走るので)
  • 電池寿命が長い(「点滅○○時間」とうたっていても、すぐに暗くなっちゃうものもあるので困ったもの)
  • 前照灯としてある程度使いものになる(自転車道は街灯など無いので、無灯火や前を照らす機能が弱いライトで走るとかなりコワイ)
  • 認識灯として使える(前照灯として使えても、狭い範囲しか照らさないため、対向車に認識されにくいものもあり)
  • 電池を偶数個使うもの(充電式電池で偶数個で充電する充電器を使っているため)
  • 誤作動が無いもの(振動等で勝手に点灯してしまうものが意外と多い)

ということで、いろいろ使った中で現在はフロントライトはキャットアイHL-EL010 (小さいけど充分な光量) を使い、リアはTL-LD130-R (付属のクリップ式の取付小物を使うと着脱がラク。現在は後継機としてTL-LD150 が出ています) を使っています。

ボトルケージ&ボトル

ボトルケージ

ボトルケージはボトルを装着するためのものですが、工具やスペアチューブを入れられるツール缶を使う皆さんも多いですネェ。私も二つつけているケージの一方にはボトル、もう一方にはレインウエア&チューブ&工具を小袋にまとめて入れています。

また、自転車用のボトルは使った後、きちんと洗わないと得体の知れない「物体」が底に増殖(?)したりということがあるので、ペットボトルを愛用。

普通のボトルケージだったら900mlのペットがジャストフィット。500mlのペットの場合は、ボトルを逆さにしてケージに入れると脱落することが少なくなるみたいです。

でも、長い距離を走るのなら500専用のケージか、ボトルの大きさや形状に応じて幅を調節できるケージをチョイスすべきですネ。アジャスタブルなケージなら、普通の自転車用ボトルでも使えて便利です。

1500mlペット用のケージもあり、これはキャンプしながらのツーリングの際に便利。首の部分を洗濯バサミのようなものではさんで固定するタイプなので、1500mlより小さいペットでも利用可です(たまに脱落しますが。。)。

サドル

ロングライドを続けるか否かの分かれ道になるのが、「お尻の痛さ」。「お尻痛くなるからもういい。。。」となってしまう方も多いのではないでしょうか?

人によって乗り方が様々なので一概に言えないようですが、私がサドルを選ぶポイントは次のとおりです。

  • サドルの後ろから見て座面が平ら(山なりになってない)
  • サドルの横から見て座面が平ら(凹状になってない)
  • サドル後ろの座面が広い(特にどっかりとサドルに座って乗りたい場合)
  • サドルの前の部分が細い(細身の方が股ずれを起こし難い)
  • 尿道圧迫緩和の穴あき(または窪み)がある

全ての条件を満たすサドルはなかなかありませんが、私は現在のところ、セラ・イタリアのSLK GEL FLOWを愛用しています。また、同じ自転車・同じサドルでも、乗り方によってお尻が痛くなる度合いは大きく変わります。一般的に同じ姿勢で乗り続ければ、お尻は痛くなっちゃうもの。。。

ロードレーサーの場合は、握るハンドルの位置を変えたり、ダンシングへの移行がスムーズにできると思いますので、適度にポジションを変えて走ってみましょ。

ペダル&靴

スポーツ自転車乗るなら効率的にペダリングできるビンディングペダル&シューズなのかもしれませんが、「値段が高い」「普段用で使えない」という理由から、私は普通の靴で走っています。

ペダルは普通の「平ペダル」。平ペダルの選択基準はリフレクターが付いているもの。

となると、ママチャリペダルがベストか(安いしプラスチック製なので軽いし)? と思い使ったこともありますが(ロードレーサーにママチャリペダルとは「渋い」と思いながら。。。)、高トルクでの走行に耐えられず、一ヶ月もしない内にプラスチック部分が割れてしまいました。

現在はwellgo LU-C16を愛用。ロードレーサーにフィットする大きさで、リフレクター付き。靴への食いつきも良好で、雨の日でもすべることはほとんどありません。

バック(収納するもの)

オルトリーブ ファーストエイドキッド(写真は限定色バージョン)

財布や携帯電話、レインウエアまたはウインドブレーカー、チューブ、工具など、最低限持っていく必要があるものがありますので、収納できるものが欲しいところ。

昔は大きめのウエストバックを腰に付けて、何でもかんでも詰め込んで走っていましたが、蒸れて不快なので、最近はレインウエア&チューブ&工具はボトルケージへ、財布と携帯電話はチョークバック(若者が腰にプラプラと下げている小袋)に入れて腰につけています。

さらに、買い物などで荷物増えた場合に備えて、100円ショップで買った肩掛け紐が付いた布袋をチョークバックに忍ばせています。

チョークバックよりちょっと大きめの入れ物が良い人は、オルトリーブの防水性素材を使っている FIRST AID KIT がおすすめ。

その名の通り、救急用品を入れておくために作られたバックですが、普通のサイズの財布や携帯電話を入れるのにちょうど良く、ヒモを通して腰につけて使ってました。

財布

普通の財布は意外とかさ張り汗や雨で濡れるとデロデロになっちゃうので、100円ショップにあった塩化ビニール製のパスケースを愛用。

お札を折りたたんで入れるのは面倒ですが、普通の財布よりはるかにコンパクトになります。

小銭はこれとは別に、パンク修理用のパッチが入っていた小さなプラスチックケースに入れています。