何に詰め込んで走るか?

自転車でツーリングっ。そこで悩ましいのが、いかに装備をコンパクトにして軽快に走るか、ということですよネ。

昔の私は、日帰り/泊りがけに限らず結構大荷物で走っていましたが、今はかなりコンパクトにっ。

ということで、ここでは日帰りから宿に泊りながらのロングツーリングまで、何に詰め込んで走っているのか、ご参考までに私の装備をご紹介します〜。

チョークバッグ(日帰り用)

モンベル チョークバッグ

日帰りツーリングでの私の定番がこれ。チョークバックとは、街で若者が携帯とか入れて腰にプラプラ下げている。。。と言うとピンとくるカナ? 元々はフリークライミング用のグッツです。

日帰りでも携帯と財布は必須ですので、チョークバッグにいれてます。でも、財布は結構かさばりチョークバックにはすっぽり入りません。

ということで、チョークバッグの場合はお札と小銭だけ入れるか、コンパクトな財布を持つか。。。ということになります。

ウエストポーチ(日帰り用)

オルトリーブ ファーストエイドキッド(写真は限定色バージョン)

上述のように自転車のためだけに財布を変えるのはちょっと。。。という場合はウエストポーチがジャストサイズ。

ポーチなら腰の真後ろというよりちょっと横に取り付けることができますので、自転車の乗り降りの際にも邪魔になりません。

私のオススメはFIRST AID KIT。オルトリーブ製品らしく防水素材で作られています。

しかし、大雨に降られるとしみ込みがありますので、濡らしたくない物はコンビニ袋に入れて。。。という感じで使ってます。

ウエストバッグ(日帰り〜1泊用)

モンベル ドライウエストバッグ

ちょっと大き目の荷物を持つ必要があるorシャツや下着を1セット持って一泊ツーリング。。。という時はウエストバッグがベスト。

自転車雑誌では、「ウエストバッグは自転車には不向き」と良く書かれていることがあります。

でも、私の経験としては、荷物が少ない時は腰に、多くなった(重くなった)時は肩にタスキ掛けして背中に背負う。。。という融通が利きますので、デイバッグを背負って背中が蒸れるよりBetterかな。。。と思います。

私のオススメはモンベルのドライウエストバッグ。ウエストバッグとしては小ぶりですが、防水素材を使っていて安心感があります。

ヒップバッグ(2〜3泊ぐらい用)

オルトリーブ ヒップパック

ウエストバッグの「親分」がヒップバッグ。これぐらいの大きさになると、さすがに腰に付けて自転車乗ると邪魔に。。。

ということで私の場合、ヒップバッグでは肩にタスキ掛けして背負うのを基本スタイルに。ハーフパンツ&シャツ&下着を1セット入れて2〜3泊する時に使ってマス。

2,3泊分の荷物を詰め込むと結構な重さになりますので、安定して背負えるデイバック (背中が蒸れるケド) を選択するか、悩む所ですネェ。

メッセンジャーバッグ(一週間以上用)

レース参戦で遠征する時や長期ツーリングで私が使用するのがメッセンジャーバッグ(Timbuk2を愛用)。

ツーリングの大原則は、荷物が多い時は背負うのではなく、自転車に「積んで」走るということ。でないと、体への負担が大きくて疲れます。

でも、ロードレーサーで「スタイリッシュに(?)」走りたい & わざわざツーリング用にロードを改造するのは面倒。。。ということで、私は背負って走ってます。

ただ、メッセンジャーバッグに荷物を詰め込んで長距離を走るのは慣れが必要。普通に街乗りする際でも、背負い方に「コツ」が必要ですので、慣れてない方がいきなりこいつでツーリング。。。というのはオススメできません。

でも、慣れてくると気軽に(思い立った時に)長距離ツーリングを楽しめますヨ。

携帯できる袋類

ツーリング先で買い物して荷物が。。。という時に役に立つのが、小さく畳める袋。私は常時、100円ショップで売ってた肩掛けの布袋をチョークバックに忍ばせてマス。

また、アウトドアショップに行くと、コンパクトに携帯できる携帯リュック(ポケッタブルデイパック)などがありますので、いろいろ探してみると良いかも。。。