何着て走る?

自転車同様、自転車道を走っていると、着ているものも人それぞれ。。。

  • 普段着で、お散歩気分で走っているご家族
  • お揃いのレーサージャージで、かっちり決めてかっ飛ばしている仲間同士
  • 夏の暑い時期、まっ裸(短パンはいてます、念のため)で大汗かいてママチャリに乗っている真っ黒なおっちゃん。。。

さて、あなたはどのタイプ?ここではご参考までに、私のライディングスタイルをご紹介っ。

化繊素材の普段着がメイン

もともとバリバリのレース派ではなく、のんびりツーリング派ということもあって、私は普段着で走っています(レーサージャージはカッコいいし機能的ですが、値段高いし普段用として着れないし。。)。

ただ、汗をかいたりウエットなコンディションで走ることもあるので、綿より乾きが早い化繊素材を意識してチョイス。

Tシャツやアンダーウエアの類は、以前は登山用の速乾シャツを選んでいましたが、最近はユニクロから機能性を意識した(それでいて安い)ものが出ています。

登山用品、ユニクロは使える

「自転車だから自転車用のもの」が機能的なのですが、普段着としても使いたい、または気に入った自転車用のものが無いのなら、上述のとおり登山用品やユニクロをあさってみるのが「手」です。

さらに、物によっては土木作業用用品や100円ショップ用品にも使えるものがあったりします。

ウインドブレーカー(薄手の羽織りもの)

自転車で一日中走っていれば、日が照ったり曇ってきたり、向かい風や急な雨。。。といろいろあるもの。

体が冷えるのはツライので、必ず持っておきたいのが薄手の羽織りもの。ウインドブレーカー一枚あるだけで助かったことは多々あります。

自転車用や登山用のウインドブレーカーはコンパクトに畳めてGood。暑い時期は防寒&雨対策を兼ねて薄手のレインウエア(「雨対策」の項を参照)を持っていれば心強いです。

レーサージャージの人はバックポケットに、普段着乗りの私は、チューブ&工具と一緒に小袋に押し込んでボトルゲージ(ボトルを入れるホルダー)に入れています。

ウォーマー類

ニーウォーマー

防寒対策として重宝するもう一つのものがこれ。寒い時期はつけっ放しですが、暖かい時期、私の場合はニーウォーマーをつけて出発し、昼間ははずしてハーフパンツのポケットに収納。。。というのがパターンです。

また、初冬や初春の時期によくやる裏技(?)としては、サイズの違うニーウォーマーを使って、膝より上に大きいサイズ、膝から下に小さいサイズ。。。という感じで装着してレッグウォーマー代わりにしています。暑くなったらどちらか一方、さらに暑くなったら両方のウォーマーを外す。。。と調整することができるので便利っ。

バンダナ&てぬぐい

てぬぐい

頭にいつも巻いている個人的必須アイテム。夏は汗止め&熱射病防止、冬はウォーマーとして機能してくれます。

薄手なので、汗や雨で濡れてもすぐ乾いてくれるし、小さくたためるところも帽子よりGood。

また、手ぬぐいは自転車とは別の趣味を拡げてくれます(てぬぐい巻いて、てぬぐい専門店を覗きに行ったりすると、お店の人も「おっ。。」と思うのか、話しが弾んだり)。

バンダナは、てぬぐいより結び目が小さくなるので、ヘルメットをきっちり被ることができて都合が良いです。てぬぐいより安いですしネ。