キャンプしながらのんびり走る

自転車」のコーナーでも紹介しましたが、私がロングライドを始めた当時は、安物MTBに大っきな荷物を乗っけて、えっちらおっちら。。。と一日100km程度を目安に走る、キャンピングスタイルでした。

家財道具一式を積んでいれば、あせることなく、気に入った場所でテントを張って、夕食の準備をして、食後は星を見て。。。そうやって過ごすのんびりした時間も楽しいもの。。。

ここでは、そんなツーリングをしてみたい方の参考になればと思い、私のキャンピングスタイルをご紹介。

どんな自転車が良い?

どんな自転車でも、やろうと思えばキャンピングできちゃいます。私の知人は、ロードレーサーに無理やり家財道具乗っけて北海道をまわってたとか(本人談:「よくパンクするんだワ、これが」。。って、あたりまえだぁ〜)。

オーソドックスなスタイルでキャンプするなら、自転車はキャリア(荷台)をつけるため、サスペンションがついていないMTB、または太めのタイヤがついたクロスバイクがおすすめ。

サスペンションつきの自転車でも、対応するキャリアは幾つか出回っていてキャンピング可能ですが、車種によっては構造的に取り付け不可能な場合もありますので、お店の方と良く相談してみてくださいネ。

また、「タボ穴」と言って、自転車のフレーム(本体)にキャリアをつけるための穴があるものを選ぶこと(無くてもキャリアをつけるための小物部品があるらしいのですが)。

さらに、故障への対応として、特殊なパーツを使ってないもの。特にタイヤはどこでも売ってるサイズのものを選んだ方が、長期ツーリングでは現地調達できてベターです。

荷物の積み方(キャリア/バッグ類)

基本は、前後にキャリアをつけて、前後同じ重さ(または前をやや重め)になるように積んで自転車を安定させるというもの。

しかし、「何か、前にもキャリアつけるのってやぼったい。。。」と思った私は、リアキャリアのみで前にはフロントバッグのみつける、というスタイルでした(そのフロントバッグも早々に壊れて、最終的にはリアのみに荷物積むスタイルに)。

また、重いものはなるべく自転車の下の方に積むことで重心が下がり安定性が増します。

そういった意味でも、自転車用のキャリアバッグは機能的なのですが、例のごとく、「自転車専用のものを買うのはちょっと。。。」と思った私。

そこで、ちょうど家にあったバッグ(テニスする人やライダーさんがよく使ってるチューブバッグ)に荷物を詰め込み、キャリアに横積みして荷台用ゴムバンドでくくりつけて走ってました。

これだと重心が高くなりますが、慣れればフラつきもなく走れてました(たまに荷崩れして落ちたりしましたが)。

テント

夜の快適性を取るか?昼間の機動性を取るか?

キャンピングで通常最もかさばり、重い装備がこれ。しかし、夜の快適性を重視するか、日中の走りの軽快性を取るかによって選択は大きく異なります。

一般的には、登山用のテントをチョイスするのが無難。これだと、雨などの悪天候でもやり過ごすことができます。私が買った始めてのテントは、登山用よりしっかりしたライダー用のものでした(お店の人にすすめられ)。

こいつは素材が登山用より厚めで、重くてかさばるやつでしたが、フライシート(テント本体の上を覆うシート、こいつで雨を防ぐ)をペグ無しでもつけることができたので、駐車場のようなアスファルト上でも設営可。雨風が強くても結構安心して過ごせる頼もしさがありました。

一方、対極として、登山で非常用として用いられるツェルトを積極的に使うという選択もあります。ツェルトとは簡易テントのことで、たためば350mlの缶ジュース並みの大きさ、重さもほとんど気になりません。

このホームページで紹介している「北海道ツーリング」では、基本的に安宿に泊まることを前提にしていましたが、非常用として、このツェルトをバックにしのばせていました。

実際にこいつで10日間ほど過ごしたこともありますが、何とか夜をやり過ごすことができる。。。という感じ。雨の日の使用はおすすめできません。

寝るもの

寝袋

寝袋とその下にひくマット(いわゆる「銀マット」)があればOK。ただ、夏場は暑いので、銀マットの上にそのまま寝て。。。ということは結構ありました。

その経験から、寝袋よりはるかに軽量、コンパクトなエマージェンシーシートを持って北海道をツーリングしたことがありますが、9月の北海道。。。むちゃくちゃ寒かったデス(シチュエーション考えて適切に道具は選びましょう)。

バーナー

バーナー

キャンプするなら、やっぱりご飯も自分で好きなものを作って、ゆっくり食べたいもの。そこで、必要になるのがバーナー。

国内だったら、EPIに代表されるガスバーナーがお手軽。初心者でもカンタンに扱えます。

外国へ行くなら、ホワイトガソリンを用いるガソリンバーナーを使うのが定石。私もニュージーランド行きを決めた時、オプティマス123Rを購入。100年以上も登山家に愛用されている歴史あるバーナーです。

着火のためには、バーナー本体をあたためる(プレヒート)必要があり、さらに着火後、しばらくは炎が安定しないのですが、扱いに慣れればカンタン。

実は私の家には家庭用ガスコンロ無いので(っていうか、買ってナイ。。。)、このオプティマスで米を炊いたりしています(大家にバレないように (^^; )。

なお、国内、海外ともに飛行機移動する時は、ガスカートリッジやガソリン燃料は荷物検査で没収されてしまいますので、現地調達する必要ありデス。

コッヘル

コッヘル

登山用調理ナベ 兼 食器。私はステンレスの重いヤツを使っていますが、チタン製の軽量なものや、テフロン加工で焦げ付かないものとかもあります。

私は大小二つのコッヘルで、大きい方でご飯を炊き、小さい方でお湯を沸かしてレトルトものを温める、、、というのが定番。小型フライパンがあれば、さらにメニューが豊かになるんですケドね〜。

ツーリングマップル

野宿にかぎらず、長期ツーリングには欠かせない地図。昔は国内どこに行ってもOKなように。。。と「全日本地図」を荷物と一緒にくくりつけて走ってました。

それはそれで、道に迷うことは無いのですが、今はよく行く北海道では「ツーリングマップル北海道編」を使っています。

ライダーさんにはおなじみのツーリングマップル。ツーリングした人たちの生の情報が反映されている、まさにツーリングのための地図なので、とっても便利。

普通の地図では素通りしてしまうようなスポットも、こいつがあれば見逃すことはありません。私は北海道編と地元の関東甲信越編を持っています。